Soft Taprix

Salmon for Linux

概要

Salmon for LinuxはQtで作られたLinux用Twitterクライアントです。 ...と言ってもQtを使用しているので環境さえ整えばMacやWindowsでも動作すると思います。 なおQtオープンソース版のLGPLv3を選択しています。 QtのライセンスはQt Licensingをご覧ください。基本的にはサラッと書いたので、メモリ使用量・コード最適化がしっかりできてないと思います。ただそれなりに軽く動くようにしているつもりです。

開発のきっかけ

「Salmon for WindowsがあるならSalmon for Linuxもナイト・オブ・ナイツ」
というふざけた発想の元、密かにPC上にSalmonというフォルダが作成された。 Xlibを使用して作るのは修羅場が発生すると考えた自分はGTK2++を使用しようとした。しかし自分が使用しているKDEはQtがベースになっている。 ...んじゃQtで書くか。
...こうして開発は始まった。 最初はWindows版からの流用が頻発したが徐々に独自コードが増えていった。

詳細

技術不足な開発者が書いたC++&Qtなプログラム。 自分用に書いてるのがでかい。 Cもろくにかけない人間がC++を書いたのがアホだった。

開発済みの機能

実装するつもり

実装するつもりなんてなかった

動作条件

OS

Qt5.6以上が動くLinux or BSD 64bit(32bitは想定してない)

CPU

デスクトップ環境の推奨する性能以上のもの、2コア以上はほしい。

Memory

大体ずっと起動するとドンドンメモリを喰います。100MB行くこともあります。通常使用で128MBは最低でも空くPC

ネット回線

~~爆速5Gbps以上な5GBASE-T又はIEEE 802.11adな~~ Twitterができる程度の通信環境

ライセンス

Apache License Version 2.0

ダウンロード

コンパイル済み

RPM(x86_64)一覧

[バイナリZip](https://repo.taprix.org/pg_mana/linux/bin/x86_64/Salmon/ "バイナリのみファイル一覧)

ソース

Git: GitHub - PG-MANA/Salmon: LinuxデスクトップユーザのためのTwitterクライアント

Info

Soft.Taprix.org
Taprix.org